スポンサーサイト

どうも、あめまちです!( `・ω・´)ノ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
味気ないバナーにも春の息吹を(´ω` )
どうぞ、応援よろしくお願いします。(もう夏か…)
ランキング!
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ほら、見てごらん。禁断症状だよ──

どうも、あめまちです!( `・ω・´)ノ

今回は珍しく真面目なことを書きます。



真面目な文章ですよ。

そんなん読んでられねーよ、という方は、前回の記事でも二度見していただくか、3日後にまたここを覗いてみてください。恐らくバカなことばかりで埋め尽くされていることでしょう。

それではいきます。


あるものを通して、べつのコトを思い出すことってありませんか?
例えば、自分の着ている服の色を見て、その色を好んでいた友達のことを思い出したり・・・。

こんな感じで、両方の関係性がどんなに細く小さなものでも、ふとしたことがきっかけで頭にパッと出てくることがあります。

小学生の頃だったか、こんな話を聞きました。

戦時中の弁当の話です。
弁当の中身は現代と比べるとやはり質素なもので、白米に梅干というのは珍しくなかったようです。そして、そこに焼鮭が入っていればそれだけでご馳走だと。

今では時折冗談のネタにされる「おかずの味を想像しながらご飯を食べる」というのは、この時代ではあながち冗談でもなかったのかもしれません。


そんな内容のことを、大学の食堂で焼鮭をほぐしながら考えていました。
大分小さな頃の記憶なので、実際にそうだったかは正直あやふやなところです。ですが、今回はそれは置いておいて。

現代の人々は食べ物を粗末に扱っている!などと叫ぶつもりはありませんが、昔に比べたら人々にとっての「食べ物」の重さというのは、恐らく軽くなっているように感じられます。

鮭も、卵も、そしてお米も、どれをとっても本来は貴重な食べ物です。

その食べ物の大切さを、およそ10年ぶりくらいに思い出したのが今日の思いがけない収穫ですね。


う~ん、久しぶりに真面目な文章を書きました。
普段はバカなことばかり書いているせいか、いざこういう文章を書くというときにスラスラ書き出せないとこがなんとも・・・。

それに慣れない文章を書いたから・・・。ほら、見てください。


鳥肌です。


もはや禁断症状ですね。
味気ないバナーにも春の息吹を(´ω` )
どうぞ、応援よろしくお願いします。(もう夏か…)
ランキング!
06:30 |        DIALY | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
ジャムおじさんが実在するとして | top | (∪^ω^)わんわんお!

Comments

#
おお・・・
ほんとに真面目な内容だった

以前バイトで
修学旅行生にお弁当だす仕事をしたんですが
おかずとか残してる生徒さん多かったです(´・ω・`)

そう言われても
きっと食べるものが全くない状況などあまりピンと来ないんでしょうね。
私も同じ年代ですが・・・笑

by: しいたけ | 2011/11/13 18:08 | URL [編集] | page top↑
# Re: タイトルなし
>しいたけさん
そうですね。
僕もブログではこんな偉そうなことを書いてはいるものの、ホントのところではしっかりと分かっていないんだと思います。

やっぱり身をもって体感するのが一番の近道なのでしょうが…。
by: あめまち | 2011/11/14 18:52 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://runtor.blog136.fc2.com/tb.php/189-6f23fc99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。