スポンサーサイト

どうも、あめまちです!( `・ω・´)ノ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
味気ないバナーにも春の息吹を(´ω` )
どうぞ、応援よろしくお願いします。(もう夏か…)
ランキング!
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

リッチな買い物

どうも、あめまちです!( `・ω・´)ノ

久しぶりにリッチな買い物をしました。

iPod nano 16G \11,645
ipod

BOSE SoundDock Portable \44,770
bose
--------------
計\56000円(くらい) 



計算は苦手です(`・ω・´ )キリッ


ipodは前々から買い換えようと思っていて、今もっているipod(第三世代)の反応がいよいよ怪しくなってきたので、先日思い切って購入してみました。

人生初のタッチパネル式アイテムを手に入れたので、ちょっと気持ちが舞い上がっています( ̄ー+ ̄)キラーン

タッチパネルというのは画面に直接触れて操作するというもので、なんでもコレによって直感的な操作が可能になる…らしいですね( ・ω・)

今はたまに操作ミスをするのですが、そのうち慣れてスムーズに使えるようになるのでしょう。とにもかくにも、「タッチパネル」という新しい技術を目の前にして、僕は新鮮な喜びと若干の戸惑いを感じています。

初めて洋式トイレを使用した日本人も同じ気持ちだったのでしょうか。


さて、次はBOSEのスピーカーの話に行きますぜ!( ̄ー+ ̄)キラーン

「Bose」は音楽に触れている人なら知らない人はいないというほどの有名な会社ですね。そしてBoseのイヤホン、スピーカーといえば、迫力ある低音が特徴として挙げられます。

実際に家電量販店のオーディオコーナーで↑のスピーカーを試聴してみました。


ズン ズン ズン ズン(イメージ)

…(゚д゚ )ホホゥ

音がお腹に直接響いてくるような感じで、多くの方がレビューで低音のことを挙げられるのも頷けます。

ちなみにこのBoseの低音は聴く人によって結構好き嫌いが分かれます。先ほど書いたような「迫力ある低音」とし感じる人もいれば、「強調されすぎた嫌味な低音」と評価する人もいます。こればかりは感じ方の違いなので仕方ないことですね。

僕は前者の方なので、しばらくBoseの他のスピーカーを聞き比べた後【BOSE SoundDock Portable 】に決めました。スピーカーはあまり買い換えるものではないので、今回は金額をあまり気にせず思い切って奮発してみました!(`・ω・´ )キリッ

ちなみにこのスピーカーのお値段:\44,770

ほぼ1ヶ月のバイト代と同じ金額です。それが凄腕の手品師もびっくりするほど鮮やかに消え去ってしまいました。

そういえば、スピーカーを買うのは今回が初めてではないんですよ。

数年前にJBLのスピーカーを買い、今日までそれをずっと使ってきました。それなりに愛着もあったのですが、年を経るにつれて色々不都合な点が現れてきたんですね。(主に周辺の機器との相性の問題で、普通に再生することに関しては十分過ぎるほどです)

そういうわけで、部屋に2台もスピーカーがあっても意味がないので、JBLのスピーカーはお父さんに譲りました。
そのスピーカーも値段は15000円前後とそれなりに良いモノでしたが、必要な人に使ってもらったほうがスピーカーも嬉しいんじゃないかなぁと思います(多分)。

今は父のPC用のスピーカーとして活躍しています。


今回のように、数年振りに音楽機器を買い換え触れてみると、そこに注ぎ込まれた技術の凄さや日々の進歩を実感します。現在では多くの人が不可能と思っていることもほんの数年後には可能になっていることも十分あるんだろうなぁと感じました。


なんか最後は久しぶりにまともに締めてしまったよ…(´・ω・`)

それでは!
味気ないバナーにも春の息吹を(´ω` )
どうぞ、応援よろしくお願いします。(もう夏か…)
ランキング!
06:38 |        DIALY | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
第1464回 「最近「ドキドキ」してますか?」 | top | バイトの新人さん(続き)

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://runtor.blog136.fc2.com/tb.php/284-c5a34492
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。